背中のニキビ跡の色素沈着とそのかゆみを治す方法は?

 

 

 

背中のニキビに悩む人というのは、思うよりもはるかに多いものです。そして背中のニキビ跡が治せたらいいのにと考える人も多いのです。

 

ニキビ跡のことを、アクネスカーとも言います。
細菌が増殖することによって炎症が起こってしまった赤ニキビ、これの後にできてしまうことが殆どだと言います。

 

膿疱や膿腫にまで進んでしまい、これを気にして潰してしまう人もいますが、こうしてしまうとケロイドやクレーターなどといったニキビ跡になってしまう原因になります。このニキビ跡は治りづらく、最悪一生残ってしまうこともあるのです。

 

なぜニキビ跡は残ってしまうのでしょう?

背中のニキビ跡の色素沈着のかゆみ治す方法は?

 

ニキビ跡が残ってしまうのは、炎症を起こしてしまった個所の皮膚組織が壊されてしまうからなのです。
細菌が増殖を始めてしまうと、細菌から身を守ろうと好中球という細胞が動き始めます。好中球というのは赤血球の一種であり、強い殺菌作用のヒドロキシラジカルといった物質を作り出すことができるすごいものなのです。このヒドロキシラジカルが細菌を撃退してくれます。

 

このヒドロキシラジカルが細菌と戦うことによって、赤く腫れる炎症が起こるのです。膿はヒドロキシラジカルが撃退してくれた細菌の死骸なのです。

 

ヒドロキシラジカルはここまででわかる通り、とても強いものなのですが、皮膚の表面の広範囲や深部まで強い炎症がいってしまうと、炎症が起きてしまった組織が壊れてしまう事があります。
そのあと、組織が収縮するのですが、その時に陥没してクレーターのようになってしまい、組織が厚く肥大してしまうとケロイドのように盛り上がってしまいます。

 

こうしたことから、皮膚の内部は大きくダメージを受けているわけですから、ニキビ跡というものは治りづらいのです。

 

また、色素沈着もニキビの後遺症にあたります。色素沈着とは簡単に言うと「シミ」にあたります。このシミはニキビだけではなく、炎症を起こした個所にできやすい特徴があります。このことを炎症後色素沈着と言います。

 

なので傷ができたその後、化粧品や薬によってかぶれてしまった後などにもシミができることがあるのです。

 

これらから言えることは「ニキビは皮膚の病変」だということです。
でこぼこしたニキビ跡、シミをできなくするためにも、ニキビができたその時などにちゃんとした治療を受けることが大切になってきます。
間違っても自己判断で潰すなどしないようにしましょう。何故ならば悪化の原因にしかならないからです。

 

ニキビというのはでき始め、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビへと変化していくのですが、その其々に治療法というものがあります。例えば白ニキビに適した治療法を黒ニキビに適用することはないのです。

 

背中に限らずニキビが出来たらすぐに専門のクリニックなどにかかって治療をうけることで、クレーターやケロイド、色素沈着を回避することができます。

 

何にでも言えることですが、早め早めの対応が一番の薬です。自己判断などせずにお医者様に診てもらうことで将来の悩みを消すことができるのですから、ニキビができたらなるべく早く治療を受けるようにしましょう。

 

そんな私がジュエルレインで背中ニキビ跡の改善に挑みましたが・・・

 

 

 

汚い背中はジュエルレインでどこまで改善できるのか?