背中ニキビの原因、アクネ菌はうつるの?

 

 

アクネ菌はうつるの?

 

皮脂やアカ、それらが毛穴に詰まってしまうと黒ニキビや白ニキビになってしまいます。それにアクネ菌が増殖してしまうと炎症が起きてしまいます。炎症が起きてしまうと、赤く腫れてしまうのです。
これが所謂、赤ニキビとなります。

 

つまりは、黒ニキビや白ニキビを悪化させる原因はアクネ菌なのです。

 

アクネ菌は誰からの皮膚を検査しても存在する常在菌で、嫌気性で好脂性が特徴です。
つまりこれが何を示すかというと、アクネ菌というものは空気が少ない上に脂肪の多いところが好きだということです。
なので毛穴が詰まっていたりすると、そこには空気がうまく流れないという事ですから、アクネ菌は大喜びでそこに増殖してしまいます。皮脂などがたまっていると、更にアクネ菌は増殖してしまいます。

 

事実、アクネ菌は体の中でも皮脂の多いところに多く存在しています。顔や胸、背中などです。顔や胸、背中にはニキビができやすいと感じる方も多いのではないでしょうか。特に背中はケアしづらいせいか、ニキビが多くできてしまいますよね

 

アクネ菌はうつるの?

毛穴に皮脂、アカが詰まった状態をコメドというのですが、その状態で皮膚を清潔に保つことにより黒ニキビ、白ニキビは治る可能性もあります。しかし、コメドの状態というのはアクネ菌が大好きな状態にあり、すぐに増殖してしまうのです。また、皮脂の分泌量が多い思春期などは、清潔に保っていたとしても赤ニキビへとなってしまうこともあります。

 

アクネ菌が増え始めると、その個所は炎症を起こし赤く腫れてしまいます。
これはアクネ菌が生成する酵素によるもので、毛穴に皮脂やアカが詰まっているとこれが酸化してしまい、炎症が広がってしまうのです。そしてやがて膿を持つようにもなります。
これを膿疱というのですが、これは指で触れた時に熱っぽく感じることがあります。

 

アクネ菌はポルフェリンといったオレンジ色の蛍光性を持つ代謝物を分泌する特徴があります。なので、この膿を持ち、指で触れて熱っぽく感じるなどあった時などに専門的なクリニックにかかり検査してみると、感染の状況をすぐにわかることができます。

 

もしも痛みのあるものだった場合、皮膚の奥深くに炎症が起きている場合が考えられます。これを膿腫というのですが、この膿腫は皮膚の表面にできるもの(膿疱)よりも治りが遅いのが特徴です。奥深くにできてしまっているので、表面にできるよりも大きいものということなのでしょう。

 

またニキビにはアクネ菌の他に、表皮ブドウ球菌という最近も関わっているとされています。

 

人間というのは生まれてすぐに皮膚の表面に細菌がつくのですが、それらを常在菌と呼ぶのです。ニキビ菌や表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌がその中には含まれています。

 

ニキビには様々な原因があり、アクネ菌が原因だとしても治療法は一概に言えないのが特徴です。また、ニキビで悩んでいる方の多くは1つの原因だとは限らず、複数の原因を抱え込んでいる可能性が高いので、ニキビには総合的な治療が必要とも言えます。

 

そんな私が背中ニキビを克服?

 

 

が・・・背中ニキビがまさかの悪化!その原因とは?