いつまで経ってもニキビのような赤いブツブツが治らない、なんてこと、ありませんか?
それはニキビじゃない可能性があるんです。マラセチア毛包炎という、皮膚疾患の可能性なのですが、あまり聞かない名前ですよね。

 

マラセチアの症状

マラセチア毛包炎はうつるの?ニキビとの違いは?


ラセチア毛包炎は、ニキビのような赤いブツブツが出来るものですが、これがニキビとよく似ているので勘違いしやすいんです。ニキビよりは小さいブツブツであることが多いのですが、若干光沢を持っているものがたくさん出来ていたら、マラセチア毛包炎かもしれません。

 

痒みはないのが通常ですが、稀に強い痒みが出たり、膿が溜まる場合があるので、ニキビだろう、と勘違いしやすいんです。写真を見てもニキビにそっくりですよね・・?

 

ですが、ニキビと違うのは、押しても中身が出たり潰れたりはしません。このマラセチア毛包炎ですが、ニキビとの大きな違いは、元々の原因菌が違います。ニキビはアクネ菌という皮膚の常在菌が原因ですが、マラセチア毛包炎の原因は、真菌(カビ)の一種であるマラセチア菌が原因です。日本では癜風菌(でんぷうきん)とも呼ばれているものなのですが、つまり、カビが原因なんですよ。マラセチア菌は皮脂を好物とするカビで、多くの人の皮膚にいる常在菌です。特に出来やすいといわれる場所は、皮脂の多い場所であることが多く、背中、胸、肩から二の腕にかけて、首、こめかみ、額、などです。皮脂を好むだけに、皮脂分泌の多い場所に出来やすいということですね。カビ、というと嫌な感じを受けますが、マラセチア菌はどこにでもいるカビの一つです。マラセチア菌には種類があるのですが、詳しく言うと、「マラセチア・ファーファー」「マラセチ・アグロボーサ」「マラセチア・レストリクタ」「マラセチア・シンポディアリス」「マラセチア・ダーマティス」という種類があります。

 

マラセチアは移るの?原因から見えるもの

マラセチア毛包炎はうつるの?ニキビとの違いは?

常在菌という点ではニキビの原因菌のアクネ菌と一緒ですが、元々の原因菌が違うということですから、これらのマラセチア菌にはニキビ用の薬は効果がありません。マラセチア菌は常在菌ですから、普段から皮膚に住んでいるということですが、毛穴の毛包の中で繁殖してしまうと、炎症を起こして毛包炎になる、ということです。異常繁殖したマラセチア菌を、体が異物と判断した場合に、免疫反応を起こすための炎症と、マラセチア菌自体が皮脂を分解して、その時に出た代謝物が炎症の原因となる場合との、2つが原因になります。これは人から人にうつるというものではありません。うつることはないにしても、カビが原因ということですから、夏場の汗の放置などで不潔にしていると出来やすいので気をつけたいですね。高温や多湿などの場所にいた後に、光に肌をさらすと出来てしまうこともあるといいます。不潔が厳禁だというところは、清潔にして治すニキビと同じですが、治療方法は変わってきます。マラセチア毛包炎は、真菌感染症という分類になるのですが、抗真菌薬というもので治療をします。また、なかなか治らない時には内服薬を使うこともありますが、これらは医師の処方によるものです。見た目に判断するだけでなく、顕微鏡検査などをする場合もありますから、皮膚科の受診が必要になってきます。ニキビは自己判断で薬局などで薬を購入して治す人も多いと思いますが、マラセチア毛包炎の場合、皮膚科に行かないと治せないのも特徴の一つです。スキンケアをしたりニキビ治療薬を使っても赤いブツブツが治らない場合は、マラセチア毛包炎を疑って、医療機関を受診してくださいね。

 

もし、背中ニキビが自分で判断してもマラセチアでない場合はジュエルレインが効果的かもしれません。

 

背中ニキビが凄かった私が試したジュエルレインの体験談とは?