どんなシャンプーとリンスーが背中ニキビを悪化させてしまうの?

 

 

背中ニキビを悪化させるシャンプーとリンスーとは? 

背中ニキビを悪化させる原因の一つに、シャンプー・リンスが合っていないことが挙げられます。
普段使っているシャンプー・リンスが、背中のニキビの原因になっている可能性があるんです。

 

なぜなら、背中ニキビに良くない成分が含まれているシャンプー類を使っているから、ということですね。シャンプーには一般的に、汚れを落とす目的は勿論ですが、サッパリ感を出すためなどで、肌には強い刺激のものが多く入っているんです。背中は、毛穴の多い場所だというのはご存知ですか?

 

そのため皮脂量も多いのですが、毛穴の多い場所だということは、ニキビもできやすい場所なんです。シャンプーどころかお湯などが触れるだけでも刺激を受けるという、非常にデリケートな場所なのが、背中なんですよ。シャンプーとは、髪の毛を洗うものですが、この洗浄力の強さが実は問題なんです。皮膚を守るためのバリア機能まで壊す、強い洗浄力のあるシャンプーがとても多いんです。つまり、肌を守るのに必要な分の皮脂も洗い流して奪うというものなんですよ。そうすると背中の皮膚が乾燥するので、皮脂がなくなったと感じた皮膚が、皮脂を逆に、大量分泌させるんです。
これが背中ニキビの原因となります。

 

どんなシャンプーとリンスーが背中ニキビの原因になるの?

洗浄力の強い成分は、硫酸系、スルホン酸系、というものが有名な成分なので、シャンプー選びの際は、表示を見てみてくださいね。アミノ酸系シャンプーは、比較的刺激が低いとされますから、それを頭に入れておくといいかもしれません。次に問題なのが、肌残りするかどうかです。

 

髪の毛をサラサラとさせる目的で含まれるものですが、髪の毛に膜を作ることでサラサラさせるので、それが背中に残ると毛穴の詰まる原因になるんです。毛穴が詰まればニキビができるということ。元々が、髪の毛用の洗浄剤であるシャンプーですから、他の場所に残ってもいいことがない、ということが言えますね。背中に、髪の毛を洗った洗浄水が通って残り、背中の毛穴に詰まると、皮脂が大量に発生し、ニキビができてしまうんです。この、サラサラさせる成分は、シリコン剤や合成ポリマー、といったものを指します。ですが、原料の表記を見ても、シリコン、とは書いていないものです。シリコン剤や合成ポリマーの代表的な表記は、「シロキサン」「シクロメチコン」「ジメチコン」「流動パラフィン」「カルボマー」などです。

 

どんなシャンプーが背中ニキビにいいの?

最近ではノンシリコンと表記されているシャンプー類が増えているので、それを目安にしてシャンプー剤を選ぶのもいいですね。また、無添加シャンプーも、余計な成分が少ないので、覚えておいてください。まとめると、刺激の低いシャンプーとしては、「アミノ酸系シャンプー」、肌残りしにくいシャンプーとしては、「ノンシリコン」「無添加」が、オススメですよ。背中ニキビにシャンプー類が良くない、ということは、体の洗い方にも気を使うことが大事です。

 

背中ニキビを作らない、頭の洗い方!

背中ニキビを作らないための体の洗い方としては、シャンプーとリンスをした後に、首→体、といった具合に、上から順に洗うことが重要です。シャンプーの時点で背中にはシャンプー剤がつきますから、シャンプー後には背中をしっかり洗ってください。また、シャンプーが終わった後の髪の毛は、髪の毛が長い場合は束ねておくなどして、濡れた髪の毛を背中に触れさせないようにしてくださいね。私は、髪の毛を洗った後はタオルドライも兼ねて、髪の毛をタオルでまとめるようにしていますが、背中に髪の毛が触れないのでオススメです。

 

もしできてしまった背中ニキビに対しては、私のようにジュエルレインを試してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

背中ニキビの酷い私が試したジュエルレイン体験記へ