背中ニキビの治療には、ホルモンバランスの乱れを治す事?

 

背中ニキビの治療には、ホルモンバランスの乱れを治す事?思春期の10代のほとんどはニキビのことで悩みを抱えています。その中で、背中ニキビもまた然りです。何故ニキビはできてしまうかというと、第二次性徴期を迎えた思春期は、性ホルモンのバランスが大きく乱れてしまうのです。これにより、ニキビができ始めてしまいます。

 

性ホルモンには「アンドロゲン」といった男性ホルモンだったり、卵胞ホルモン、黄体ホルモンといった女性ホルモンがありますが、第二次性徴期に入るとこの男性ホルモンが分泌する量が多くなってくるのです。

 

男性ホルモンと背中ニキビの関係について

 

男性ホルモンは皮脂を分泌する皮脂膜が増やし大きくしたり、皮脂の量を多くしたりする働きがあるため、気を付けていても皮膚が油っぽくなってしまいます。
盛んに分泌された皮脂は毛穴からちゃんと排出されて、そのうえでこまめな洗顔で皮脂や汚れがきれいに取り除かれていたらいいのですが、しかしこまめな洗顔は現実的ではない上に、背中は更にそうもいかず、大体は毛穴が詰まってしまい、コメドが形成されてしまいます。

 

また角化異常に男性ホルモンが関わっているのではないかという話もあります。

 

古い角質が剥がれ、新しい細胞と入れ替わることをターンオーバーというのですが、このターンオーバーは約四週間で1サイクルとして行われます。しかし古い細胞が剥がれづらくなってたまってしまうことがあります。これを角化異常と呼びます。
この角化異常も、コメドが作られる原因です。

 

さらにアクネ菌の話になるのですが、このアクネ菌はだれの肌にも存在しているうえに、脂肪の多い場所が大好きな性質です。アクネ菌はそのままでは無害ですが、思春期相手では変わってきます。思春期の油っぽい肌でアクネ菌は増殖が盛んになってしまい、コメドができてしまっている部分が炎症を起こすための手伝いをしてしまうのです。

 

男性ホルモンの分泌が盛んになってしまうと、このように顔や背中のニキビの発症につながっていってしまうのです。
男性ホルモンは女性よりも男性に多くみられるホルモンですから、そのためにニキビの悩みは女性よりも男性の方が深刻です。

 

女性ホルモンと背中ニキビの関係について

 

女性には月経があります。その前後に性ホルモンの分泌が変化してしまいます。ホルモンバランスが崩れるのです。ここは注意しなければなりません。何故なら黄体ホルモンは男性ホルモンと似た動きをしてしまうからです。

 

排卵後に黄体ホルモンが多く分泌されるのですがそのことにより体温が上昇したり、皮脂の分泌も盛んになってしまいます。なので、排卵が起こり基礎体温が上がる時はニキビができやすいと言えます。

 

また皮脂はチョコレートやスナック菓子などの脂肪分や糖質を多く含む食品を食べることによっても分泌が増えます。なぜなら脂肪分や糖質は皮脂の材料だからです。

 

このため、ホルモンバランスが大きく乱れる思春期を過ぎていてもニキビで悩む大人が多いのです。

 

背中ニキビだけに限らずニキビはホルモンバランスの乱れによっても起きますが、食べるものによっても起きてしまうことがわかります。まずはバランスの良い食事を心掛けるところから始めるのが良いのではないでしょうか。食事のバランスを保つことによってホルモンバランスの乱れも改善されますから、バランスの良い食事を心掛けましょう。

 

またホルモンバランスを整えると同時に保湿もとても大切になってきます。

 

 

私自信も背中ニキビに悩みがあり、ホルモンバランスを整える以外に色々な方法を試してきましたが、
そんな私が試した、背中ニキビケア体験とは?