背中ニキビの皮脂分泌のメリットとデメリット

 

 

皮脂分泌には良い面と悪い面があります。

 

肌の潤いに皮脂の分泌は欠かせません。皮脂はニキビの原因になりますが、しかしなければ肌は潤わないのです。皮脂が適度な量、分泌されることによって薄い油の膜(皮脂膜)が皮膚全体を覆うのですが、これが外部の肌への攻撃を緩和し、保護するのです。そして潤いやなめらかさも保ってくれる役割があるので、皮脂がないと私たちの皮膚はひからびてしまいます。

 

そして皮脂膜は弱酸性でもあります。弱酸性は皮膚の表面の雑菌が増殖しないための環境を整えてくれるのです。

 

しかしそれでも皮脂膜は油の膜には変わりありません。汚れやすいのです。

 

空気中にあるほこりやちりを吸い寄せて着けてしまいます。吸着されたほこりは皮膚の大切な水分、油分を吸収してしまうのです。

 

一日外にいた日など、帰宅して皮膚のかさつきに気づいたことはありませんか?ほてっていたりするのも、ほこりやちりなどの肌の汚れが原因だったりするのです。
汚れの中にはターンオーバーによって剥がれ落ちた古い細胞である角片も含まれています。

 

こうなると、ほこりやちり・角片・皮脂・そして汗や化粧品…これらが混然一体となってしまった汚れが肌全体に存在することになります。
皮脂を出している皮脂膜は毛穴に接しているため、これらのほこりやちりといった汚れが毛穴を塞いでしまうと、あんまりよくありません。
毛穴をふさいでしまうことによって、コメドが作り出されてしまう原因になってしまうからです。

 

汚れをためた皮膚はアクネ菌が増えてしまう環境になってしまいます。アクネ菌が増えてしまうと炎症や膿疱になってしまう原因になることもあります。

 

皮脂を作る皮脂膜は全身に同じようにあるわけではありません。実は、多く集まっているところがあります。その多く集まっているところを専門的に言うと、「脂漏部位」というのですが、その脂漏部位にあたるのが顔や頭部、胸、背中の中央部だったり、わきの下、ひじやひざの裏、ももの付け根です。アカがたまりやすいところがそうだと言えます。その中でも額や眉間、鼻、口のまわり、あごなどの顔の中心部の「Tゾーン」と呼ばれる個所は中でも多量の皮脂分泌が確認されている場所です。

 

なので、Tゾーンにはニキビができやすいのです。

 

これらにより、皮脂にはメリットデメリットがあると言えます。
メリットは主に潤いやなめらかさ、菌のバランスを整えるなどです。しかしその潤いも分泌が多くなりすぎたりするとよくありません。そしてその皮脂がほこりやちりを吸着してしまうことによって、デメリットの「ニキビ」や「荒れ」に繋がります。

 

なくしすぎてもかさついてしまうし、ありすぎても荒れてしまう皮脂をバランスよく清潔に保つことが肌改善へとつながるといえます。

 

埃などの汚れを肌に乗せないこと、皮脂を余分に取り除きすぎないことが大切です。

 

肌トラブルに皮脂はつきものですが、良い役割もしていることを覚えておきましょう。

背中ニキビと皮脂の関係について

 

また顔と違い背中も二キビが出来やすい個所です。
背中は、顔同様皮脂の分泌が非常に多いです。しかし、背中は、顔とは違いボディーソープやタオルなどでごしごしと洗ってしまいがちです。
せっかく良い状態を保っていた背中の皮脂も背中を強くこすってしまうことによって崩れてしまいます。
このように背中は、顔のように実は、デリケートなゾーンだったりします。

 

また、服をきて中には化学繊維の服ばかり着てしまい。背中の皮脂層にダメージを与えてしまっている事が多いです。(化学繊維は天然のものと比較して繊維自体が固いため)

 

私も、背中のニキビが酷く
ジュエルレインという、ニキビケアを試してみたのですが、、、まさかの悪化を起こしてしまいました。

 

 

 

なんでジュエルレインで背中が悪化したの?